えん麦のちからを玄米と比較!不溶性と水溶性食物繊維の働きは?

えん麦のちからを玄米と比較!不溶性と水溶性食物繊維の働きは?

えん麦のちからを玄米と比較・不溶性と水溶性食物繊維の働きは?

 

 

えん麦って聞いたことがありますか?

 

 

あまり馴染みのない言葉ですが、海外ではオートミ−ルやグラノーラとしてよく食べられているんですね。

 

 

日本でも最近ではよく出回っていますので、食べたことがあるかも知れませんね。

 

 

えん麦は、アメリカでは栄養機能から見てAランクという、一番高いランクの食品と認定されているのです。

 

 

そして玄米と比較して、約9倍もの食物繊維が含まれる「えん麦のちから」は、水溶性と不溶性の食物繊維の割合が、1:2というベストバランスになっています。

 

 

腸の蠕動運動を活発にし、便通を良くする不溶性食物繊維と、善玉菌を増やし、腸内の環境を整える水溶性食物繊維の働きで、健康的にダイエットが出来るわけです。

 

 

またえん麦には、食後の血糖値が上昇するのを緩やかにする働きがありますので、インシュリンの分泌が低く抑えられます。

 

 

これを低GI食品といって、糖尿病やその予備軍と言われる人にも優しく働きます。

 

 

販売元の「えんばく生活社」が、健康な人たちに対して行った実験によると、食後血糖の上昇抑制効果と、インスリンの上昇抑制効果があったということです。

 

 

つまり糖尿病や予備軍の人が摂取しても大丈夫だ、ということになりますね。

 

 

継続してこそ効果を発揮するえん麦のちからですから、効果を実感するためにも、最低でも3ヶ月は続けたいものですね。

 

 

 

「えん麦のちから」今ならオトク!
えん麦のちからを激安通販