えん麦のちからと玄米の違いは?特徴は何?

えん麦のちからと玄米の違いは?特徴は何?

えん麦のちからと玄米の違いは?特徴は何?

 

 

えん麦でダイエットって、最近では雑誌などでよく話題になっていますね。

 

 

テレビや雑誌で取りあげられたこともある「えん麦のちから」が、いまダイエット食品として人気になっています。

 

 

では、まずは材料となるえん麦とは、一体どういうものなのでしょうか?

 

 

別名ではオーツ麦とも呼ばれ、食物繊維が多く含まれているのが特徴です。

 

 

食物繊維が豊富だと言われている玄米ですが、なんとその9倍も含まれているんですね。

 

 

そして水溶性と不溶性食物繊維が、1:2のベストバランスで含まれているのも大きな特徴と言えます。

 

 

水溶性食物繊維は善玉菌を増やし、腸内の環境を整えてくれます。

 

 

不溶性食物繊維は、腸の蠕動運動を促し、便通を良くしてくれます。

 

 

えん麦のちからは低GI食品と言って、食後の血糖値の上昇が緩やかで、インシュリンの分泌が低く抑えられます。

 

 

そのため、糖尿病やその予備軍の人でも、安心して摂取できます。

 

 

原料のえん麦には、主な栄養成分としてβ-グルカンがあり、水に溶けると8倍にも膨張する特徴があります。

 

 

温度が高いお腹の中ではさらに膨らんで、長時間留まりますので、満腹感が長く続き食べ過ぎを防ぎます。

 

 

さらに、摂りすぎてしまった余分な食べ物の消化吸収を緩やかにしてくれるので、太りにくい体になります。

 

 

健康にもダイエットにも良いえん麦のちからは、継続することに意味があるものなので、最低でも3ヶ月は続けたいものですね。

 

 

 

健康的なダイエットをしたい人専用!「えん麦のちから」
えん麦のちから申し込み