えん麦のちからは玄米や穀物と比較して効果は?

えん麦のちからは玄米や穀物と比較して効果は?

えん麦のちからは機能性食品?栄養はあるの?

 

 

「えん麦のちから」には、食物繊維が豊富に含まれています。

 

 

玄米や穀物と比較してみると、その効果はどうなのでしょうか?

 

 

えん麦のちからを2袋摂取すれば、日本人が1日に必要な食物繊維の約3分の1が摂れるのですが、この量は玄米の約9倍にもなるのですね。

 

 

しかも水溶性と不溶性の食物繊維が2:1と、ベストなバランスで含まれていることが、えん麦のちからの大事な特徴となります。

 

 

このバランスによって、水溶性は大腸内で発行・分解され、善玉菌を増やしてくれるので、腸の中が整います。

 

 

一方不溶性の方は、胃や腸で水分を吸収し、糞便のカサを増やし、腸の蠕動運動を促すことでお通じが良くなります。

 

 

原料のえん麦は、オートムギ、オーツ麦とも呼ばれるイネ科の植物で、穀物として使用されています。

 

 

一般に、えん麦を利用した健康食品は、栄養価が高いと言われているようです。

 

 

えん麦にある水溶性食物繊維の大部分はβグルカンで、水に溶けると約8倍にも膨張するのです。

 

 

温度の高いお腹の中ではさらに膨張し、長時間留まるので、満腹感が長く持続します。

 

 

そのため食べ過ぎの防止になり、ダイエットにも効果があるという訳なんですね。

 

 

また、摂りすぎてしまった余分な食べ物の消化吸収を、穏やかにもしてくれます。

 

 

摂取すると太りにくくなる上に、腹持ちも良いので、えん麦のちからは健康にも良い、嬉しいダイエット食品と言えますね。

 

 

 

低GI食品なら「えん麦のちから」
えん麦のちからを激安で購入