えん麦のちからは機能性食品?栄養はあるの?

えん麦のちからは機能性食品?栄養はあるの?

えん麦のちからは機能性食品?栄養はあるの?

 

 

穀物ゆるダイエットと言われる「えん麦のちから」が、いま話題になっています。

 

 

その原料となるえん麦は、栄養機能においてAランクの食品として認められている穀物です。

 

 

えん麦のちからは、機能性食品なのでしょうか?

 

 

機能性食品とは、体の調子を整える機能があることを強調した食品のことです。

 

 

食品には病気予防や老化防止の助けになる成分が、微量ではありますが、色々と含まれているんですね。

 

 

これらを抽出して、効果的に摂取できるように開発されたものが、機能性食品と言われています。

 

 

健康食品もそうですが、その言葉と同様に、法的に定義された用語ではありませんので、機能を表示することは規制されています。

 

 

えん麦のちからは機能性食品になりますから、栄養があって健康にもいい食品だと言えます。

 

 

また食後の血糖値の上昇が緩やかなため、低GI食品でもあります。

 

 

血糖値が上がりにくいということは、太りにくいことにつながるのです。

 

 

えん麦の主成分であるβ−グルカンは、お腹の中で膨らみ、長くとどまるので、満腹感が持続して食べ過ぎの防止になります。

 

 

これもまた、ダイエットにつながりますね。

 

 

食物繊維は玄米の約9倍もあるので、便秘の解消にも役立ちます。

 

 

栄養も摂りながらダイエットも出来るという、えん麦のちからは、継続することで効果を発揮します。

 

 

そのため中途半端でやめてしまうと勿体ないので、最低でも3ヶ月は続けてみましょう。

 

 

 

低GI食品なら「えん麦のちから」
えん麦のちからを激安で購入